最安値チェッカー無料プレゼント

予想していなかった辛いこと

「白板症」切除のために手術を選んだ私ですが、

決断するまでかなりの精神力を費やしましたが、

全然それで終わりではなかったのです。



それは、痛みと食事です。

確かに手術したので痛いのは

覚悟していましたが、痛いのは顔全体です。


これがずっと続きます。

痛み止めが注射されていますが、

それでも痛くて、約2日間ベッドの上で

ひたすら変なポーズで耐えていました。


この変なポーズとは、頭の位置を変えたり

手の位置を変えたりして、


「一番痛くないポーズ」


です。

これは他の人に見られてくないので、

ずっとベッドにはカーテンをしていました。


朝も昼もなく痛くて、

ずっと、「早く時間が過ぎてくれ」と

思っていました。



あとは、手術中 口と鼻にチューブが

入っていたのですが、手術後も口から

ご飯が食べられないため鼻から胃まで

チューブが入ったままでした。


片方の鼻は血で詰まっています。

もう片方は太いチューブが入っている。


そして、口は手術で開ける事も出来ない状態。

舌はガーゼを詰めたゴム風船のような物が

縫い付けてある状態でした。

(舌の下側も縫っているので皮膚が定着するため)


舌が動かないと自分のつばも飲み込めないのです。

初めての経験です。

鼻からも口からも息が出来ず、

本当に苦しい思いをしました。


ちなみに、鼻のチューブはあまりに苦しいので

初日から外してもらいました。

これにより、流動食を食べる手段がなくなり、

パックのジュースのような容器に入った

食事を流し込むような生活でした。



ご飯はカッターシャツの糊付けに

良さそうなくらいのゆるさのおかゆ。

スープは全部液だけのかぼちゃスープ・・・

みたいな食生活が約10日間続きました。


⇒ http://changerion.info/j/opC8GfKg


人間どんなにお腹が空いても、

食べたくないと思ったら、もう食べられないのです。

贅沢とかではなく、食べたいと思う気持ちが

なくなります。


この約10日間を過ぎて、

やっと抜糸です。

固定された舌が少し自由になります。

少し固形物が出てきました。


⇒ http://changerion.info/9/cRRdt8It

写真ではほんの少ししか違いがありませんが、

この時の自分にとっては大きな違いでした。


こうなってくると数日ごとに

「形」のある物になってきます。

⇒ http://changerion.info/g/9DxSJYcD


この量の食事をだいたい30分くらいかけて食べます。

舌を切った方に入るとすごく気持ち悪いのです。


「食べる」って大事だと思いました。

この後順調に回復していき、

約3週間で退院する訳ですが、

これで終わりではありませんでした。

次回はこれについてお話しします。


⇒ 一足先に読んでくださる方はこちら






posted by コーイチ at 17:32 | Comment(2) | ガン早期発見の経緯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コーイチ様
コメントありがとうございました。医療ITニュースでございます。

ブログ拝見しました、回復されたようで何よりです。
コーイチ様のこれからのご改善、ご健康をお祈り申し上げます。
Posted by 医療ITニュース at 2014年03月19日 10:11
コーイチさま

コメントありがとうございました。


ガンが早期に見つかってよかったですね。
大切な家族のためにがんばってください。


あと、仕事も無理をなさらぬよう。


Posted by ちぷん at 2014年03月21日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

顧客資産を分別管理 スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。